キャッシングの水無月

キャッシングの水無月

キャッシングは相談しづらい?

 

キャッシングはご存知の通り、今では多くの人が使っている便利なサービス。しかしまだ使ったことない、使い方がわからないという人も多いと思います。

 

ここで問題なのが、「キャッシングは周りになかなか相談できないということ。」

 

そう、これがキャッシング独特のところ。キャッシングは広く一般的に使われているわりには周りには話しにくいのです。キャッシングは国民の10人に1人の割合で利用されていると言われますが、その一人一人が胸のうちにしまったまま利用しています。なので使い方を聞きたい、おすすめの業者を聞きたい、と思っても相談できないのが現状です。そこで活躍するのがインターネットです。インターネットなら家で1人でも情報が得られますし、リアルタイムでかつ、匿名で質問することだって可能です。キャッシングにとってインターネットはとても大きな存在なのです。

 

キャッシングで疑問が浮かんだらインターネットで調べて見ましょう。ただし、インターネットの情報はすべて正しいとは限らないので、手っ取り早く、確実な情報が欲しいなら業者に電話して相談してみるのも良いかもしれませんね。

 

本サイトではなるべく正確で誤りの無い情報を発信することを心がけます。

 

キャッシング初心者が最初にぶつかる壁として申し込み手順が挙げられます。まずは申し込み手順について解説していきます。

 

 

キャッシングの申し込み方法

 

現在、カードローンでキャッシングできる業者は、銀行・信用金庫・信販クレジットカード会社・消費者金融会社と多岐に渡っています。そして、キャッシングの申込方法は、更に、様々な申込ルートから選択することができます。

 

キャッシング申込方法の1つ目は業者の店頭での申込です。銀行や消費者金融会社の店頭カウンターでは、原則として平日の午前9時から午後3時までキャッシングの申込を受け付けています。特に、審査に問題が無い人の場合は、店頭での申込がキャッシュを手にするには最も早いルートと言えます。只、店頭まで出掛けなければならないことと、フェイス・トゥー・フェイスが苦手の人には不向きです。

 

キャッシング申込方法の2つ目は無人機での申込です。現在、大手消費者金融会社では積極的に無人機を展開しています。

 

無人機のメリットは人に会わなくて済む点と、店頭カウンターより営業時間が長いことです。只、申込者が自ら出掛けなければならない点は店頭カウンターと同じです。

 

キャッシング申込方法の3つ目は電話・FAXによる申込です。電話・FAXのメリットは申込者が自宅や勤務先から申込めることですが、いずれにしても、本人確認書類や所得を証明する書類は郵送やFAXしなければなりません。

 

キャッシング申込方法の4つ目はインターネット経由の申込です。パソコンやスマホからの申込は、今、最も増えている申込方法です。

 

インターネット経由の申込のメリットは、自宅や勤務先から都合の良い時間に申込できることです。例えば、勤務を終えたビジネスマンが深夜に申込ことも可能です。只、10万円〜30万円程度の金額の場合は書類が免除されることもありますが、殆どの場合は本人確認書類と所得を証明する書類を郵送・FAXしなければなりません。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ